フッ素樹脂コーティング(テフロン加工)の加工工程

1.基材受入れ

品名、数量の確認。外観を目視確認。

2.脱脂・空焼き

バッチ炉で空焼き後、油分等が除去されていることを目視で確認。

3.ブラスト加工

ブラスト加工アルミナを使用しブラストマシンで処理。塗装面にブラストがされていることを確認。
(ブラスト後溶射加工を行う場合もあります。)

4.エアブロー

エアダスターにて表面の埃の除去後目視確認。

5.コーティング

スプレーガン塗装、または静電粉末塗装機により吹き付け塗装を行います。

吹き付け後目視確認を行います。フッ素コーティングテフロン加工

6.乾燥

バッチ炉にて乾燥後目視確認

7.焼成

バッチ炉にて焼成

必要に応じて6と7を繰り返します。

8.検査

塗膜外観を目視検査

9.梱包・出荷

梱包材にてコーティング面を保護するように梱包し、出荷します。

Copyright(c) 2015 関西技研 All Rights Reserved.
テフロンRはデュポンの登録商標です